結婚相談所のデメリットは料金が高いこと

一般に言う結婚相談所はサポートが充実している分、料金が高い点がデメリットと言えるでしょう。

各結婚相談所によっても違いますし契約プランでも違いますが、安くても10万円程度。
高いところだと30万円から40万円程度かかるところもあります。

契約期間は1年から2年が一般的でしょうか。

費用の内訳は、入会時にかかる初期費用、月会費、お見合い料、成婚料などがあります。

まず入会時にかかる初期費用は入会金や登録料などの名目で安いところで約3万円程度、高いところだと30万円程度まであります。
始めが一番大きな金額が必要です。

月会費は約5,000円から15,000円程度まで。

お見合い料は、その名のとおりお見合いの度にかかるセッティング料。
1回約5,000円から10,000円程度。お見合いの回数毎にかかります。

成婚料は、めでたく結婚が決まった時に発生する費用。
うれしい費用ですが約20万円程度と高額。

初期費用が高い結婚相談所は、その分月会費が安かったり成婚料が無料など、初期費用に含まれていることが多い。
逆に、初期費用が安い結婚相談所は、月会費や成婚料が高額となっているところが多い。

各結婚相談所の費用


このように結婚相談所を利用するには数十万円の大きな費用が必要になります。
これがデメリットといえば、そうでしょう。

しかし、その分サポートが充実しているのも事実。
専任の担当者がついたり、最低月数回のお見合いが保証されていたり、お見合いパーティーが付いていたり。
高い料金を支払う分、「人見知りで何もできなかった。」などということがないように、担当者がしっかりサポートしてくれるのが結婚相談所の魅力です。

結婚相談所のメリットはこちら




posted by 結婚情報サービス分類 at 16:45 | 婚活サイト選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。